20件のコメント

  1. >熱戦も冷戦も蚊帳のうちそと
    我が子の騎馬戦ともなると、蚊帳の内側も外側も大いに盛り上がっていました。
    >立葵チラノサウルス来る気配
    こどもの頃には、あまり見かけなかったので、背の高いこれが群がっていると、ちょっとぎょっとしてしまいます。
    >青簾秘かにみのるはかりごと
    オリンピックに、舛添に、世の中悪いやつしかおらんのかと思ってしまいます。
    >子は昼寝見本市めく遊具かな
    遊具もほっと一息というところでしょうか。
    >星涼し人みな足を地につけて
    夏は、日が沈んですぐの頃、すごく生気に満ちた空気になります。

  2. のうそうさん おはようございます。「一夜の夢」にコメントありがとうございます。夏の夜は明け易し悪夢のようなご時勢にうなされます。

  3. こんにちは
    一夜の夢、拝見しました。
    いろいろお忙しいのにブログのコメントもきっちり
    されてすごいことです。
    梅雨に入りましたがまだ雨も少なく台風も来ないと
    いうやはり地球環境に少し異変があるのでしょうか。
    健康に留意されてご活躍ください。
    今回のお気に入り二句です。
    立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
    星涼し人みな足を地につけて  /勝美

  4. 由人さん こんにちは。コメントありがとうございます。明日明後日は獺祭同人会の役員会で奈良へ出かけます。山河の鑑賞は6月号に載せました。吟行時持参しますね。

  5. 勝美様
    一夜の夢を拝見しました。五句のうち私の一番好きな句は
    「立葵テラノザウルス来る気配」です。
    立葵には遠い昔の妖しげな遺伝子を持っている気配を感じます。
    一夜の夢のテラノザウルスとの取り合わせが絶妙です。
                           高達

  6. 一夜の夢のご案内有り難うございます。
    立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
    青簾秘かにみのるはかりごと /勝美
    この二句が気にいりました。
    この写真からの発想がとても面白いと思いました。
    さすが勝美さんと思いました。
    私ももっと頭を柔らかくしてと思いました。

  7. 高達さん こんにちは。昨夜帰りました。コメント感謝です。思いもつかぬことを俳句へねじ曲げている訳でして如何なものでしょうかしら。どうぞご愛読下さいますように。

  8. みちこさん おはようございます。同人会役員会終わって昨夜帰りました。コメントありがとうです。何時もご覧頂き感謝です。今度都合がよろしければUTRへ参加して下さいね。

  9. ひねもす俳句:一夜の夢 うらわの俳人様 モバラ座の俳人渓春です。梅雨の中休みですね。以下いただきです。
    ✥熱戦も冷戦も蚊帳のうちそと /勝美
    熱戦、冷戦を隔てるネットは確かに蚊帳のような感じですね、最近ネットでも大炎上していた舛添知事、都民の怒り、都議会のせめぎあいもやっと決着したようですが…。内外とも日本の政治経済は問題山積。
    ✥青簾秘かにみのるはかりごと /勝美
    葡萄棚は見るからに涼しげですが、そうですか、棚の内側でこっそり謀をしていたんですね(笑)
    ✥星涼し人みな足を地につけて /勝美
    足を地につける生き方、こうありたいですね、満天の星が輝く一夜の夢、ロマンティックです。ありがとうございました。

  10. 溪春さん おはようございます。コメントありがとう。さすがにモバラさんはチラノサウルスは敬遠されましたか。良い取り合わせと思っているのですが。残念。

  11. PCメールが丸で駄目で由人さんから伺いました。上野参りますので宜しくお願いします。
    足を地につけて~頂きます。

  12. ひつじさん こんにちは。パソコンの調子悪いのはやきもきですね。早めのお手当てを。奈良の役員の翌日京都を案内して疲れが出てしまいました。吟行楽しみです。どうぞよろしく。

  13. 熱戦も冷戦も蚊帳のうちそと /勝美
    子供たちが団体で競技をやっているのを、その父兄たちが観戦している風景ですね。グラウンドに張られたネットを蚊帳に見立てて「蚊帳のうちそと」とは、面白い発想ですね。
    立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
    立葵は本当に大きく、背が高くなりますね。ふと見ると、確かに、怪獣が迫って来るかの様な錯覚に陥りますね。その心境を「来る気配」という言い方で、上手に表現されましたね。
    夢のある、楽しい俳句に仕上がりましたね。
    青簾秘かにみのるはかりごと /勝美
     ぶどうの葉が茂っているのを「青簾」に見立てて、その青簾のぶどうの葉の中をよく見ますと、大きな青いぶどうが実付いていますね。この状態を「秘かにみのるはかりごと」とは、素敵な言葉を見付けましたね。勝美さんの知性の為せるワザですね。
    子は昼寝見本市めく遊具かな  /勝美
     夏の昼下がり。誰もいない公園にブランコとか金棒とか滑り台が見本市の如くに置かれている。全く人の気配が感じられない情況の中で、「子は昼寝」という季語を上手にはめ込んで、一句仕上げましたね。お見事でした。
    星涼し人みな足を地につけて /勝美
     丁度、日が落ちた処ですね。大きなビルの中では、まだ煌々と電気を点けての仕事中ですね。でも、狭い道路には、夕涼みがてらの人が三三・五五、歩いていますね。
     この「ビルで働く人々」と「道路を歩く人々」との対比が、何となく詩情を感じます。面白い切り口ですね。
     こんな感じで俳句を作れば、幾らでも出来そうに思いますが、現実には、そうも行きませんがね。
     改めて、勝美さんの句作力に、感心しています。
     今月も楽しい俳句を有難うございました。

  14. 喜信さん こんにちは。コメント感謝です。何時もの様に喜信さんらしいコメントにほっこりしています。上手な鑑賞には教えられるところが大です。これからもよしなにお願いします。獺祭誌へのご協力を期待しています。

  15. こんばんは
    毎度遅い書込みで恐縮です。
    獺祭同人会の関西行きの合間にもひねもすのアップ、コメントへのレスもきちんときめ細かくされる努力に感心致しております。今回は下記の3句を、
    ◆熱戦も冷戦も蚊帳のうちそと /勝美
     蚊帳のそとは良く聞きますがうちそととなると全く異なりますね。世の中すべてこんな物かと気付かされました。
    ◆立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
     立葵も視点を変えて見上げるとチラノサウルスが頷けます。作句上大切な事ですね。
    ◆星涼し人みな足を地につけて /勝美
     平和な暮しを守る事の大切さ、幸せを感じさせてくれる佳句だと思います。 

  16. 要介さん おはようございます。コメントありがとうございます。
    大須賀さんが要介さんの書き込みに触発されてコメントくれましたよ。これからもどうぞよろしくです。

  17. 熱戦も冷戦も蚊帳のうちそと /勝美
    んん〜?! これはどういう意味だろう。
    蚊帳の外から見れば、熱戦も冷戦も変わりないってことかな?
    わかるようでわからない句でした。
    立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
    「なんで!?」と言いたくなるような取り合わせ。
    でもハチがタチアオイの後ろに隠れているあたり、
    ”来そう”な雰囲気ありますね。おもしろい!
    青簾秘かにみのるはかりごと /勝美
     はかりごとは密かに進行しているわけで。
    ぶどうのこんな謀なら全然オッケーなんですけどね。
    子は昼寝見本市めく遊具かな  /勝美
     こどもの姿が見えないところを「見本市めく」とは、面白い。
    星涼し人みな足を地につけて /勝美
     近頃のタワーマンションでは、とても地に足がついているとは
    言えない高さで暮らすんですけど、どうなんでしょうねぇ。

  18. あわさん 通船堀は手入れ不足でしたね。木曽呂富士は初めてでしたが面白かった。まずまずのお散歩でした。コメントの蚊帳のうちそとが今一つ判らなかったか。意味深な景を重ねるとどうでしょう。星涼しのタワーマンションは足は地には付けようもないか、成る程。

  19. ★立葵チラノサウルス来る気配  /勝美
    ティラノサウルスを立葵に見立てているのかしら?それとも、ティラノサウルスが立葵の咲いている庭に踏み込んできたのかしら?と、色々な想像をしてしまう、とってもユニークな楽しい句です!「チラノサウルス来る気配」が、情景全てを詠み込んでいて、すごく面白いです!
    ★青簾秘かにみのるはかりごと /勝美
    密かにみのる、青簾、はかりごと、の3点みなが絶妙にマッチしていて、私には、とても作れない、勝美さんだから詠める素晴らしい句だと思います!
    ★星涼し人みな足を地につけて /勝美
    夏の夜空は、特にメルヘンチックで、夢が広がるけれど、人は皆、現実を歩んで行かなければいけないという実感がこもっていて、好きな句です!(^^)/♪♪♪

  20. 知意子さん こんにちは。ご主人いかがでしょうか。お見舞いします。コメント忙しい所ありがとうございます。気に入って下さって感謝です。これからもどうぞよろしく。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です