ひねもす俳句:美術の秋

ステンドグラス
短日は微塵の色を止めけり /勝美

ニキドサンフォル

ニキはニキ柿は柿なり紛れなし /勝美

神の手

空青けれど冬将軍の気配あり /勝美

塀より覗く像

高塀に覗く像ゐて冬日和 /勝美

螺旋階段

踏み残す秋の足跡螺旋階 /勝美

15件のコメント

  1. 短日は微塵の色を止めけり /勝美
     ★色をとどめる・・・短日ならでは・・・なるほどと気付か
      されました。
    高塀に覗く像ゐて冬日和 /勝美
     ★冬日和ながら、高い塀の陰に潜んでいる冷気を感じまし
      た。教えてくれたのは硬質の像です。
    拙い鑑賞力ゆえ、今回はこの2句をいただきました。

  2. >短日は微塵の色を止めけり
    先人はそう思ってステンドグラスを創ったのかも知れないですね。
    >ニキはニキ柿は柿なり紛れなし
    狙った柿を植えてたらすごいですねw
    フランスでも柿は KAKI だそうです。
    >空青けれど冬将軍の気配あり
    空を受け止めている人の様に見えますね。
    >高塀に覗く像ゐて冬日和
    どうしても、向こうが気になりますが、そういう気持ちを
    戒めるための作品なのかも知れませんね。
    >踏み残す秋の足跡螺旋階
    色々な光の中を降りて行くと、自分も枯れ葉と舞ってるような気分になりそうです。

  3. のうそうさん おはようございます。昨日は秋葉原での句会後一杯やって帰りました。コメントありがとう。久々の美術の秋を味わって満足しました。

  4. 短日は微塵の色を止めけり /勝美
     日が短くなったとはいえ、日中の日差しはまだまだ暖かく。
    ステンドグラスの塔を昇ると汗ばむくらいでした。
    翳ったら途端に消えてしまう色、貴重な秋の一刻でしたね。
    ニキはニキ柿は柿なり紛れなし /勝美
     ニキと柿。偶然一緒に写真に写る場所から撮ったのですが、
    言葉遊びみたいな言い回しがおもしろい。
    空青けれど冬将軍の気配あり /勝美
     この日の晴天は貰い物のようでしたね。
    広々とした丘で青い空の下、彫刻達が生き生きとして見えました。
    冬景色の中の彫刻もまた、見てみたい気もします。
    高塀に覗く像ゐて冬日和 /勝美
     彫刻があちこちにいる風景、違った角度から眺めると意外な発見があったりしますね。
    動けないとはいえ、自然の中で四季折々の景色を眺めて立つ彫刻は
    幸せそうでした。
    踏み残す秋の足跡螺旋階 /勝美
     これは洒落た句ですね。
    そんなに急いで行かなくてもいいですよ。
    ゆっくりじっくり秋を味わっていきたいです。

  5. あわさん こんばんは。箱根は楽しかったねえ。またゆっくり行きたいねえ。(散財させてごめんね)ひねもす俳句の写真でひと時を思い返しました。雨がからりと晴れてラッキーでしたね。楽しい俳句も詠めましたしね。

  6. おはようございます。
    今朝は冷えて晩秋を感じます。
    スマホ対応でぼちぼちです。
    冬将軍の気配~頂きます。

  7. こんにちは
    今回は写真も素敵です。
    すっかり芸術の秋を感じさせてくれる写真です。
    こんな秋ももうすぐ立冬ですね。
    お気に入りの二句です。
    短日は微塵の色を止めけり /勝美
    踏み残す秋の足跡螺旋階  /勝美

  8. ひつじさん 由人さん こんにちは。コメントありがとうございます。今月は27日(土)に吟行をと考えているのですが、獺祭12月号の発送日になるかもとはっきりしません。確定次第連絡します。
    ところで、27日は大丈夫でしょうか?

  9. こんばんは
    美術の秋らしい写真を揃えた5句のご紹介有難うございました。
    明日は立冬、季節の早さに冬支度も間に合いません。
    例によって勝手なコメントを、
    ◆ニキはニキ柿は柿なり紛れなし /勝美
     展覧会に行かれたのですか、ニキと柿の重ねは面白いですね。
    ◆空青けれど冬将軍の気配あり /勝美
     今年はどんな冬将軍が来るのでしょう。雲の南へ流れる冬隣です。
    ◆踏み残す秋の足跡螺旋階 /勝美
     年々時の進むのが早くなり、今年も踏み残したものの多い秋でした。人生も螺旋階段の様なものですね。登った足跡のない写真がちょっと気になりました。

  10. 要介さん こんにちは。一日一日と寒さが加わるこの頃です。変わりなくご健吟と存じます。コメントありがとうございます。踏み残す足跡で登りの足跡は登りの階段に残してきました。さざえ堂と同じしくみのようですよ。

  11. うらわの俳人様 渓春です。コメント遅くなりました。美術の秋、以下いただきです。
    短日は微塵の色を止めけり /勝美
    冬は日照時間が短いですからね。ステンドグラスは光を透すことで鮮明なカラーになります。この句は短日と微塵が呼応していて一層強い印象を受けます。ゴージャスな句です。
    ニキはニキ柿は柿なり紛れなし /勝美
    それぞれが自己主張しているのでしょうね。もともと存在感を主張したがるニキに対抗するかのような柿の実、それにしても羽織の上に乗っている黒いものは顔ですか?柿の赤と黒が対比していて印象的です。
    空青けれど冬将軍の気配あり /勝美
    空を仰ぐ銅の像、作者の意図を図ろうとしても難しい…、躍動感?驚愕?未知への挑戦?自然への畏敬?それにしても想像を逞しくしてくれる句には間違いなし(笑)
    以下の2句も写真家の発見にも驚きですが、このようなユニークな光景から句を創作する勝美さんのイマジネーションにも敬服します。
    高塀に覗く像ゐて冬日和 /勝美
    踏み残す秋の足跡螺旋階 /勝美
    今回はこの辺で、またよろしくお願いします。有難うございました。

  12. 溪春さん こんにちは。今日は秋霖の寒いいち日ですね。晴れて明るければ明るい句が出来るのですが。コメントありがとう。楽しませていただきました。また、よろしくです。

  13. ★空青けれど冬将軍の気配あり /勝美
    澄み切った空の青さが目に沁み、ピーンと張った冷たい空気を全身に感じながら、じきに来るだろう厳しい冬の訪れを感じた瞬間をずばり表現されていて、気持ちの良い句だと思います。
    ★高塀に覗く像ゐて冬日和 /勝美
    高い塀は、どこか閉塞感があるけれど、覗く像が面白く、冬日和で、ホッとできて、楽しい句です!
    早く勝美さんのようにユニークな句が作れるようになりたいです!

  14. 知意子さん おはようございます。コメントありがとう。今日は獺祭12月号の校正です。早いものですねえ。一年アッという間。
    12月の横浜句会楽しみです。句会のあとは忘年会ですね。よろしく。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です