14件のコメント

  1. うらわの俳人様 モバラ座の俳人、渓春です。酷暑が嘘のような秋の今日この頃、ほっとしているのは皆さん同じだと思います。さて以下「秋の断片」いただきです。
    色鳥のために食欲そそる赤 /勝美
    実りの秋ですね、赤は確かに食欲をそそります。鳥、猿など山の生き物の貴重な栄養源。実が赤いのは、それらの生き物に「ここにおいしい果実があるよ」という信号を送っているのですね。植物の実は発見されやすい色にして、また消化もしやすいように進化しています。生き物は果実から栄養を得るかわりに種子を遠くに運んでやるわけです。異なる種どうしが、相手との関わりの中で形質を変化させていく関係を共進化と言うそうです。この木はハナミズキですかね、ハナミズキの花言葉は「永続性」「返礼」「私の想いを受けてください」だとか。まさに共進化にぴったりの花言葉。我が家の近所に農家さんがいますが、ご高齢のため農業をリタイヤ、敷地の畑も自然に任せるままに…、柿の木も10本ほどあり、今は柿の実が鈴なりになっています。それがだんだん美味しそうに色づいてきています。当然収穫しないで鳥に全て供するようです。自然界への返礼なのですね、きっと。
    運命の指蜻蛉に鯨幕 /勝美
    鯨幕のロープに蜻蛉が一匹、さて指にとまるか、指をぐるぐる回している様子が滑稽ですね、最近蜻蛉の姿がめっきり減りました。鳥さんも餌が激減して困っていることでしょう。ただ、どうしてここに鯨幕のロープがはってあるのでしょうか、謎です。
    弾倉に弾丸確と獣狩り /勝美
    一瞬、ハチの巣だと思ったのですが、ハチではハスだったのですね。それにしても拳銃の弾倉にそっくりです。発想が面白い!
    人生の裏道西日射す前途 /勝美
    表でも裏でもお天道様は公平に光を照らすということですか、裏街道を歩いてきた日本のラクビ―も南アに歴史的勝利!血の滲むような努力を天はしっかり見てくれていたようです。南ア戦勝利の瞬間は感動で震えました。今夜また夜更かししそうです。
    敬老日公衆浴場休業日 /勝美
    思わず笑いがこみあげて、ユーモアたっぷりです、銭湯のご主人も敬老の権利があるということでしょうか(笑)
    秋のひと時楽しませていただきました。有難うございました。

  2. はやばやとコメントありがとうございます。取り留めもない俳句をならべて申し訳なしです。豊かな発想のコメントは作者にとっては楽しみの一つです。また、よろしく。

  3. 色鳥のために食欲そそる赤 /勝美
     赤く熟れた木の実は確かに食欲をそそりますね。つい、手を伸ばして、摘んで見たくなりますね。この木の実に色鳥という季語を結びつけて、見事に一句、仕上げましたね。お見事ですね。
    運命の指蜻蛉に鯨幕 /勝美
     白黒の鯨幕に止まっている蜻蛉を指で捉えようとしているのですかね。先ずは、無理とは思いますが・・・。只、蜻蛉を素手で捉えようとする心境には、何か?子供時代の郷愁を思い出させて呉れますね。そう思いますと、何とも懐かしい光景ですね。
    弾倉に弾丸確と獣狩り /勝美 
     「蓮の実」から連想して、これを弾倉に見立てて、これで「獣狩り」とはユーモアに富んだ一句ですね。久しぶりに、こんなに実の詰まった蓮を拝見しました。でも、この「蓮の実」から、見事な一句を仕上げられましたね。
    人生の裏道西日射す前途 /勝美
     細く入り組んだ、狭い裏道ですね。これが、人生の裏街道ですか?でも僅かに西日が当たっていますね。もしかしたら、この僅かな日溜まりから、新しい人生が開けて来るかも知れませんね。「人生、至る処に青山あり」の心境ですね。でも、この風景を見て、明るい前途を予測する勝美さんは、やはり素敵な人ですね。この一句に、勝美さんの人柄が滲みでていますね。
    敬老日公衆浴場休業日 /勝美
     一見「営業中」の暖簾が掛かっているのか?と、思いましたが、よく見ましたら、「本日休業」の札が下がっていますね。
    この日は敬老日でしたか?敬老日なら、営業して欲しかったですね。折角、久しぶりに大風呂に入って、のんびりと寛ごうと、勇んでやって来た勝美さんのガッカリした、恨めしそうな表情が目に浮かぶ様ですね。 
     今回は、私たちのほんの近くに有る素材から、それぞれ見事に一句づつを仕上げられましたね。この様な見方で、自分の周りを眺めますと、幾らでも俳句は出来そうですね。日頃から、句作りに四苦八苦している私にとりましては、目からウロコの心境です。有難うご座ました。

  4. 喜信さん お忙しいのに、はやばやコメント下さって感謝です。
    ほんとに俳句の種はほんの身近に幾つも転がっていますよね。出来上がるのは駄句ばかりですけれど。(笑)

  5. 遅くなりました。寒くて今日は暖が欲しいです。
    あちこちでご快挙の勝美さまおめでとうございます。
    写真から弾倉は素晴らしい発想ですね。
    人生の裏道~寂しさが滲みでるお句です。

  6. ひつじさんへ 何時もご愛読いただき感謝です。月並みな句ばかりですが、精一杯と言ったところです。人生の裏道に西日とはいえ日が射してくれれば良しとしましょう。

  7. すっかり秋めいて来ましたね。
    大変遅くなりましたが、「秋の断片」のご紹介有難うございました。遅れ馳せながら例によって感じるままに、
    ◆運命の指蜻蛉に鯨幕 /勝美
    運命の指が示す鯨幕は蜻蛉の運命の象徴でしょうか、色々な意味が含まれているのですね。
    ◆弾倉に弾丸確と獣狩り /勝美
    見事に弾丸が満たされた弾倉、獣狩りが良いですね。
    ◆人生の裏道西日射す前途 /勝美
    細く長い裏道ですが、前途に西日が明るく射している所に救われて明るい句になりました。

  8. 要介さん おはようございます。何時も嬉しいコメントに納得です。
    秋めいてきましたがご健吟と思います。これからもよろしくお付き合いを願っています。

  9. ☆人生の裏道西日射す前途 /勝美
     マンション住まいで、職場もビル街という私の日々の生活では、この住宅街の裏道の写真のような風景を目にすることは少なく、写真を見て、まず脳裏に浮かんだのが、20数年生まれ育った故郷の実家の近くの裏道の景色です。西日が射すこのような光景を何度も見ました。私には、とても懐かく、遠き日の匂いすら感じます。「西日射す前途」に、やがて夜が来て、また朝が来て、夕暮れが来ての繰り返し、人生もそうであり、決して夜のままにはならない、明るい日々も必ず来るよ!裏道だって必ず希望があるよ!と、うたっているように思えます。
     

  10. 知意子さん おはようございます。横浜句会ではお世話さまでした。主宰も来られて楽しい句会でした。コメントありがとう。一句でもお目に止れば幸いです。希望がテーマの一句でした。これからもどうぞよろしくね。「年の暮」は受け取りました。12月号に掲載です。

  11.  うらわの俳人様  豊かな発想で重厚に、時には軽妙に、またユーモアたっぷりに表現されていますね。いつも楽しく拝見し、勉強をさせてもらってます。泰男

  12. 泰男さん おはようございます。コメントありがとうございます。お声が聴けるとホッとします。どんなことでもどしどしお寄せ下さい。
    獺祭ではボツになること必定かもですが、楽しければ宜しいかと。

  13. >色鳥のために食欲そそる赤
    色と赤で挟むところがおしゃれですね!
    >運命の指蜻蛉に鯨幕
    はずかしながら、指をぐるぐるしてトンボをとったことが未だにありません。
    >弾倉に弾丸確と獣狩り
    これだけ大きい弾の散弾銃ならクマでも倒せそうです。
    >人生の裏道西日射す前途
    団地の高層階で生まれ育ったみたいに、日当たりの悪い場所で育つと、それが普通になるのでしょうか。
    >敬老日公衆浴場休業日
    漢詩のように見えて大したことを言ってないのがおもしろポイントですね。

  14. のうそうさん コメントありがとう。書き込みがあると何故か安心するのです。なしのつぶてだとはりあいがありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です